ブランド買取について徹底解説します

ブランド買取での並行輸入店の取り扱い

ブランド買取での並行輸入店の取り扱い 国内外で販売されている各種ブランドアイテムの中には、正規品と並行輸入品に分かれています。
正規品は日本の代理店が仕入れと販売を行っており、各ブランド品の専門店として営業をしているお店で販売されているものが該当します。
一方で並行輸入品の場合は、海外で製造したものを第三者となる会社が仕入れをしたものを、国内の販売店のバイヤーによって仕入れをするという流れです。
通常は正しいルート品よりも安く販売していることが多く、その代わりにブランドでのサポートなどを受けることができないことや、ギャランティーカードも存在しません。
ブランド買取りを行っている店舗では、正規品以外はお断りとしている場合もあれば、買取を積極的に行っている店舗も存在しています。
正規品以外で購入したアイテムの中には、国内でのブランド店で販売されていない商品が出てくる可能性もあります。
この場合ではブランド買取り店でも高値で取引されることはあり、普通の非正規品でも査定額は若干落ちますが買取を可能にしている店舗も存在しているので問題ならずに査定を受けられます。

ブランド買取に必要な身分証明書として提示をできるのは

ブランド買取に必要な身分証明書として提示をできるのは 古物営業法によりブランド買取の際には、必ず身分証明書の提示、及びコピーなどが必要です。
現住所や氏名に年齢など、うそ偽りがないか必ず確認をすることになります。
使えるのは顔写真もある運転免許証は最適ですが、これだけに限定をされることはありません。
同じく顔写真付きのパスポートもOK、健康保険証なども使うことができます。
他には運転経歴証明書や住民基本台帳カードに在留カード、個人番号カードや特別永住者証明書など、準備をするのはその中の1つで大丈夫です。
気を付けたいのは身分証明といっても、有効期限の既に切れているものは対象にはなりません。
引っ越しをすることもありますが、必ず現在住んでいる住所が記載をされていることも必須です。
ブランド買取で買取額がかなり多い場合は、証明書以外にも電気や水道やガスなど、3ヵ月以内に発行された、請求書や領収書が必要なこともあります。
また住民票が必要なこともありますので、その点も念のため事前に確認です。

新着情報

◎2021/1/5

カードケースの買取相場と人気ブランド
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

サイト公開しました

「ブランド 輸入」
に関連するツイート
Twitter